スポーツ化しつつあるセックス


性に対してオープンな男女が増加した昨今は、セックスをスポーツの一つとして扱う人も珍しくありません。

また恋人とのセックスには愛情を、セフレとのセックスにはストレス発散を求めるなど、行為そのものを使い分ける人もいます。そのためセフレ探しに特化した専門サイトは大いに賑わっており、独身・既婚に関係なく、誰でも楽しめる状態です。

セフレを求めるに至る理由は様々です。冒頭で触れたようにスポーツの対戦相手として求める人もいれば、既存パートナーでは得られない刺激(特殊なプレイほか)を欲する人もいます。

当然ながら、目的が不一致だと関係は続きません。新たにセフレを得る際は、この辺りの確認を念入りに行いましょう。プロフィールページの確認はもちろん、交渉の中で触れることが大切です。

関係がどの程度の期間つづくかは、この交渉の段階では計れません。体の相性だけでなく、価値観が重要視されるためです。所謂“気が合う”二人であれば、利害一致の関係として継続することは容易です。

しかしそうでない場合は、無用なトラブルを避けるためにも、定期的に相手を変えましょう。大多数のトラブルは、関係の長期化に伴い表面化します。独占欲を抱いたり、恋をしたり・・・早い話が、恋人とセフレの線引きが曖昧になるわけです。

定期的に相手を変えれば、この心配はありません。手間は掛かりますが、トラブルを鎮火するよりは遥かに楽です。